地域密着

廃校舎利用とシルバー人材の活用

工場のある七尾市は古くから建具や繊維業などが盛んであったことから技術を持った職人が多い地です。しかし、過疎の影響などから職人の仕事量が減少しており、市では職人である高齢者の再雇用に頭を悩ませていました。また、少子化の影響による学校統合で廃校となった校舎の再利用についても考えられていました。

中島町

そこで私たちは、地域や社会に貢献できるものづくり産業を目指し、技術を持った高齢者と廃校舎の両方を利用したイスの張替え工場を稼動させました。廃校舎は七尾市、シルバー人材の斡旋は市シルバー人材センターの協力のもと運営しています。

中廃校舎

イスづくりに活かすことができる豊かな経験や技術をもったシルバー人材は、何十年ものあいだ培ってきた職人技やノウハウをイスの再生に役立てるとともに、ものづくりに関心のある若者への技能継承も行っています。また、本来なら習得するまでに最低30年を要するとされるイスづくりですが、各工程を完全分業として1つの作業に集中させることで、その工程特有の技術や知識が少なくても作業をマスターしやすく、効率的な作業を行うことができるという当工場独自の体制を確立しました。

シルバー人材

廃校舎は教室間の壁を取り除いたり、エレベーターを設置したりするなど作業環境が整えられています。作業所としてのほか、病院や飲食店などの営業時間を損なわずにイスの修理を行うために貸し出される大量のイスを保管しておくトランクルーム的な機能も持ち合わせています。

過疎化に伴う人口減少が進む町で、今後も行政と連携を取りながら地域の雇用促進と経済の活性化を図り、地域に根ざした産業となるよう頑張ってまいります。